2011年09月16日

デントールを購入するにはどこがいいか?

このデントールの入手先ですが

これだけ優れ物ですが、意外に手に入りにくいのです。


今もっとも簡単に手に入るのは楽天ショップに出店している

「デントールショップ」です。


本体とブラシの一括セットから、

ブラシのみの販売や

本体が壊れたときのための本体のみの購入も可能です。


お支払いは、クレジットカードから代金引換まで多種多様なお支払い方法を

利用できます。

ご購入は下記のリンクからご訪問ください。
posted by デントール情報屋 at 20:35| Comment(0) | デントールをお得に手に入れる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

デントールの安全面について

安全面についてですが、

歯周病や歯槽膿漏にお悩みの方にとっては特に気になる点だと思います。

歯茎が非常にデリケートな状態になっており

強いブラッシングが出来ない、しかしそれでは歯垢を取り除くことができない。


そういう方にこそ「デントール」をお試しいただきたいです。


ブラシが歯槽骨に当たると、止まるように設計されていますので

歯茎に余計な負担を与えることなく

歯垢の除去を行ってくれるので安心して使えます。
posted by デントール情報屋 at 19:21| Comment(0) | デントールの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

デントールの特徴は?

これまでの電動歯ブラシや歯ブラシでは

歯茎の奥や歯周ポケットの奥までは届きませんでした。

そのためどうしても磨き残しがあり、

そういった磨き残しが原因で歯周病にや虫歯になることもありました。


しかし、このデントールならばそういった悩みを一気に解決してくれます。


特徴として、ノズルの先端から

水が飛び出し、それと同時に細いブラシが毎分1000回以上の速度で

振動するように作られています。


brush2hon.jpg


今まで磨き残しのあった歯茎の奥の汚れも綺麗にさっぱり取り除いてくれます。
posted by デントール情報屋 at 19:24| Comment(0) | デントールの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。